アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

パワーを数値に

ドリルの種類

■数字で表すこと
あるひとつの物が、別の物にぶつかったとき、そこにはぶつける物のパワーが存在しています。そのパワーの度合いによって、ぶつけられた物に起きる形状の変化の度合いが変わってくるのです。パワーが強ければ変化も大きく、弱ければ変化も小さい。
ということはつまり、それは数字で表すことが出来るものであるということです。衝撃を与えること、与えられること。特に、衝撃を与えて物を加工するというときには、「どれくらいの衝撃を与えればいいのか」というデータが必要なのです。
そのデータが数字で表されれば、わかりやすく、また管理もしやすいでしょう。
プレス加工の機械に取り付けられるロードセルは、まさにそのような発想から生まれてきたものなのです。

■荷重変換器
ロードセルという機器は、「荷重変換器」という名前で呼ばれています。プレス加工機が行う「荷重を加える」ということを、「変換」して数値にする機能を持っていることから、そのように呼ばれています。
すでに上に書いたような理由で、荷重を数値に変換することには大きな意味があります。工場の中にあるプレス加工機にロードセルが備わっていれば、加工機が動くたびに数値データを出すことが出来ます。
あとは、人間に理解できる数字に変換された荷重の大きさを、管理するだけのことです。ロードセルには、記録し、管理するためのシステムが欠かせません。

■電気信号で変換
荷重というのは、ある物から別の物に加えられる重さのことで、その重さの力で加工がなされることをプレス加工といいます。
ロードセルは、その加工を数値化するものです。
具体的に言えば、そこで発生したパワーが電気信号に変換されることで、数値化するという流れになっています。プレス加工機がプレスを行うと、そこで発生した荷重のパワーが電気信号化され、ロードセルを通って数値として記録されるということなのです。

なお、ロードセルはプレス加工機以外にも、荷重を変換し数値化することで便利になる機械の多くに取り付けられています。

オススメリンク

工場を案内する

制御システム

プレス加工機を備えた工場には、加工機とロードセルをめぐるシステムが敷かれています。このシステムこそが、日本のプレス加工の正確さを支えているといえるでしょう。

ロードセルが発見された当Read more

きつく締める

機器の精度

非常に高精度なロードセルがある一方、劣悪な環境の中でもとにかく正確な数値を出すことを目的としたシンプルなロードセルがあります。
プレス加工の機械を備えた工場にあるロードセルは、多くは高性Read more

種類が豊富

用途について

ロードセルといえば、今、プレス加工機とセットで語られる機器となっています。荷重変換器として、プレス加工機の働きを記録し、逆に制御するのにも利用されている機器です。
が、この機器は必ずしもRead more

関連リンク